NEWS & EVENT

新着情報

イタリアオリンピック委員会、イタリア野球・ソフトボール連盟と東京2020大会事前合宿に関する基本協定を締結しました

2019.11.19

イタリア共和国のオリンピックソフトボール競技の事前合宿地として仙台市が選定され、イタリアオリンピック委員会およびイタリア野球・ソフトボール連盟と、東京2020大会事前合宿に関する基本協定を締結いたしました。オリンピックに出場が決定しているチームと協定締結を行うのは初めてとなりました。今後、三者が協力して事前合宿の実施に向けて詳細条件についての協議を行っていきます。

協定締結日:2019年11月18日

イタリアオリンピック委員会カルロ・モルナーティ事務総長コメント:
イタリアソフトボール代表選手団のために仙台市の素晴らしい施設、機会を提供していただけることに対して、心から感謝申し上げます。仙台市での事前キャンプが良い成績につながると信じており、また、選手団にとって、東京以外の日本の都市を訪れることは、日本をより深く学ぶ良いチャンスになると思っています。

イタリア野球・ソフトボール連盟アンドレア・マルコン会長コメント:
イタリア野球・ソフトボール連盟を代表して心から御礼申し上げます。これまでの2年間、そして来年に向けて、仙台市にお手伝いいただけることに対して本当に感謝しています。今回、このような協定に締結できたことはこれまでの友情の証であり、また、既にある仙台市との多くの絆をこれからも大事にしていかなければと改めて感じているところでございます。また来年に向けて、より協力関係を強くし、常に近くで共にいられるようにしていきたいと思っています。

仙台市郡和子市長コメント:
代表チームの皆さんが充実した事前合宿を行い、オリンピックで最高のパフォーマンスを発揮していただけるように、今後とも関係者の皆さま方と連携をして、サポート体制を整えるとともに、市民の皆さま方が多文化、多様性を理解し、イタリアとの友好の絆を深める素晴らしい機会となるように、引き続き取り組んでまいります。

協定の概要:
(1) 仙台市は、ソフトボール競技において、東京2020大会に出場するイタリア代表選手団の事前合宿を受け入れる。
(2) 事前合宿に参加するイタリア代表選手団は、仙台市内で実施される交流事業に協力する。