NEWS & EVENT

新着情報

イタリアパラリンピック選手のポートレート写真展を開催します

2021.01.25

イタリアパラリンピック委員会の協力の下、著名な写真家オリヴィエーロ・トスカーニ氏によるイタリアパラリンピック選手のポートレート写真展「NAKED.(ネイキッド)」を開催します。

この写真展は、障害者を取り巻くあらゆるバリアの解消を目的として2019年にイタリアで開催されたもので、仙台市でもこの写真展を通じ、障害やパラスポーツについての理解を深め、東京2020大会に向けた機運醸成を図ります。

みなさんぜひご来場ください!

■期間  1月30日(土)~2月3日(水)10時~19時(最終日は17時まで)
■会場  せんだいメディアテーク 6Fギャラリーa・b(青葉区春日町2-1)
■内容
・12人のイタリアパラリンピック選手の肉体の強さや美、障害のある部分を、トスカーニ氏ならではの圧倒的な描写力で切り取り、2m×3mの大きさで展示することで、ひとりひとりから溢れ出る生命の力や個性をありのまま伝えます。
・市内小学生によるイタリア代表応援メッセージ作品や、障害がある方のアート展「ウエルフェアアート展2020」の入賞作品も展示します。
■公式サイト https://exhibition-naked.jp/

※オリヴィエーロ・トスカーニ氏
写真家。1942年、イタリアミラノ生まれ。父はイタリアの主要紙コッリエーレ・デッラ・セーラの報道写真家。チューリッヒの美術大学で写真とグラフィックを学ぶ。「ELLE」「VOGUE」「CQ」「Esquire」などの雑誌で活躍する一方、さまざまなブランドのイメージ広告写真を手掛けてきた。中でも、ファッションブランド「ベネトン」の広告キャンペーンに代表される、HIV、死刑制度、人種差別といった社会問題にフォーカスを当てた斬新な表現で世界的に知られる。